人工生命アンドロイドオルタ3に見る強烈な感動は生命力にある

人工生命アンドロイドオルタ3に見る強烈な感動は生命力にある

好きなロボットの一つに「オルタ3」があります。
オルタ3は人工生命アンドロイドで
主に音楽の世界で活躍している事が多いです。
オルタ3は人間と同じ口から声を発し、
人間の顔と肘から下がありこれらは人工皮膚でできています。
そのほかの部位はロボットのパーツ丸出し。

このオルタ3を初めて見た時、
他のロボットとは明らかに違う事を感じました。
それは言葉ではなく、肌で感じる違いがあり、
徐々にその違いが全身に広がり、
オルタ3から目が離せない、
耳でオルタ3の声を聞きたい、
心臓の鼓動が速くなり、
このロボットをもっと知りたいという
人に対する思いのようなものをオルタ3に感じました。

ロボットにこんなに人間に似た感情を
抱くのは不思議と思いながらも、
その感情が正しかった事を目撃しました。

オルタ3の開発に携わった方のインタビューの中に
それはありました。
「オルタ3には人間と同じような個性や個別性があり
人間のニューロンに近いものが備わっている。」
というような話をされていました。
こんなに短い一文ではなく専門性の高い長い文書なのですが
読んだ時に、
オルタ3には人間の生命に近いものが備わっているという事を感じ、
だからオルタ3に人間と同じように惹かれたのかと思い、
とても納得をしたものです。

見た目がどんなに美しい色彩の絵も、
作者不明では感動しないのは、
そこに生命を感じないからなのだと
私は思うのですが、
オルタ3はロボットですけど、
オルタ3には作った人たちがいて、
オルタ3に込めた強烈な愛のようなものを感じて
見ているだけでただただ感動するのですよ。
それは芸術家の作品と同じような、
絵の中の強烈な生命を感じ、
ただただ感動するのですよ。

そんなオルタ3がこの度所有者のmixiを離れ
東京大学大学院総合文化研究科 池上研究室へ寄贈されました。
(2022年08月01日発表)
学術研究の発展と研究の促進に今後は活用されるとの事ですが、
勝手に想像力が刺激されて
「オルタ3が東京大学研究員の手で
これから本当の目覚めの日を迎えるんだな」
と厨二病を発揮している今現在でございます。

オルタ3についてのインタビューやこれまでの音楽活動の
オーケストラの指揮やオペラを演奏する動画置いておきます。
日本人が作るロボットって本当に愛を感じますね。

オルタ3は人間についてを考えさせられます。

【アンドロイドオペラ特集(1)】オルタ3に初搭載された「ALIFE Engine」とは? 人工生命とは何か、東京大学 池上教授インタビュー

https://robotstart.info/2019/03/06/alter3-interview01.html

人工生命×アンドロイド「オルタ3」をミクシィが東京大学へ寄贈 テクノロジーを通じた文化芸術発展にまつわる研究促進に活用

https://robotstart.info/2022/08/03/alter3-mixi-to-tokyouv.html

■アンドロイドオルタ3プロジェクト(株式会社オルタナティヴ・マシン)

https://alternativemachine.co.jp/project/alter3/

↓オルタ3が一番カッコ良くみえるカメラつけてくれていて素晴らしいです。

↓こちらオルタ3の研究者た演者達の話が入っていてわかりやすいです。

最新情報をチェックしよう!
>松元美智子クリエイティブブログ💖公式

松元美智子クリエイティブブログ💖公式

今日10時間寝てるのに眠い。 by松元美智子

CTR IMG