テクスチャ1枚でカラーが見違えるほど上手そうに見える

デジタルペイントで自分でも悲しくなるくらいカラーがベタ塗りしかできない
ブラシを「水彩」などにしても上手く描けない、下手だなと思うときに
簡単にうまそうに見える方法があります
どんなふうに変化するかと言うとこんな感じ








左側の背景が紫っぽい方の絵が元絵です
デジタルペイントに切り替えたあたりに描いたものですが、こんな程度でした
水彩筆を使っているけれど、上手く扱えないし、色もよくわからない、
変更したいけれどどんな色にすれば良いか
色を変えたくても色の調整が全然わからないとかそんな感じでしたね




これはよくある方法ですが一瞬の操作で絵が上手く見えますのでご案内します




使うものは自分の絵とテクスチャです。
「テクスチャ」とは質感を出したりする時に使う素材です
これを下手だなと思う絵の上に貼ってみると上手くなったように見えます




テクスチャを絵を描いているペイントツールに読み込んで
テクスチャのレイヤーモードを「オーバレイ」「スクリーン」あたりに
変えるだけで良い感じになります
テクスチャ素材や色によってはちょっと明るくなりすぎるので
塗りの「%」を下げると和らぎます




水彩っぽいテクスチャを使うと水彩っぽい絵になります
↓こう言う感じのものです








高解像度の水彩画の背景




筆の跡、ムラっぽい跡があったりする方が重ねた時に良い感じに見えます








https://www.deviantart.com/so-ghislaine/art/Textures-WaterColor-364900414
テクスチャWater color




テクスチャはネットに無料、フリーでたくさんありますので使用方法に沿って
ダウンロードし使って見てください
筆のあとや水彩以外のテクスチャも良い味出しますので試して見てください。




<補足>
こちらのブログが動画になりました。
手順がわからなかい方はご視聴ください。
また、水彩テクスチャ以外の雨や塗りのテクスチャ、キラキラ効果もつけて
華やかさを加えております。配信先ブログ、YouTubeはこちらへ








少女マンガの作り方
全国書店、Webで発売中です











2 Comments

  1. 初コメント失礼いたします。本腰を入れて松本先生のブログをということで、今できることの範疇からこちらの記事を拝読させていただきました。

    水彩風でテクスチャライズといえば雲1・2で髪の質感を、先ずはフィルターギャラリーで。。。といった、おそらく写真加工においては有利なものが散見できていたのですが
    ダイレクトに水彩テクスチャをブレンドする手法は目からうろこでした。。。笑💦

    少しアイデアも浮かびましたので、ステップを踏んで実践してみようと思います。
    長文失礼いたしました。ありがとうございます。

    • 室見川さんこんにちは😃
      ご感想を頂きましてありがとうございます。
      参考になったようで良かったです😊
      アイディアが浮かんだそうで、
      制作が楽しみですね✨
      水彩テクスチャもネットにたくさんありますのでいろいろとお試しくださいませ😊

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA