1ページのコマ数

「少女マンガの作り方」書籍内でも語っていますが、
今回は補足を書いておきます。




書籍内でも語っていますが、
1ページのコマ数は、「1ページ5〜7コマが望ましいです。」




少女マンガの場合、華やかな画面作りをしないといけません。
コマ数が多いと華やかな画面を作ることが不可能になります。
あの少女マンガのコマ割りを効果的に使うために、
コマ数は1ページ5〜7コマを守らないと難しいです。




少女マンガのコマ割り




コマ数が多いと他にも懸念材料になることがあります。
例えば、

・コマ数が多すぎて読む順番がわからない。
・ごちゃごちゃしていて見づらくて読みたくなくなる。




などですが、
漫画のコマ割りが悪くて、読む順番がわからないと言う方は本当にいます。
結構います。
マンガを読み慣れている人ばかりではないので、
初めて読む人でもスムーズに読めるようなコマ割りをしていた方が親切です。




また、コマ数が多すぎると見づらいのでやはり読まれません。
画面作りはデザインでもあるので、コマ数が多ければ多いほど
難しくなります。
これまでにお伝えした、セリフのカット方法や、描く必要のないところは
カットしてみると良いです。








「少女マンガの作り方」書籍内では、コマ割りや、セリフの位置、
どんな時にこのコマ割りを使うかなど、他にも対処方法を解説しています。
そちらも参考にしてください。




少女漫画描く方でしたらやっぱり華やかな画面を作りたいし
描きたいと思います。
実際描いている時とんでもなく楽しいです。




「少女マンガの作り方」
全国書店、Webで発売中です。













Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA