IC原稿用紙とICスクリーントーンと私

IC原稿用紙とICスクリーントーンと私

Twitterで漫画画材のアイシーさんにフォロー頂きまして、
久しぶりで懐かしくて嬉しかったですね。

アイシーさんの思い出は本当にたくさんありまして、
手描きの漫画の時は、ホラーの時の特殊なタイプを除いて
全ての作品ICさんの原稿用紙を使っていたのですよね。

■こちらがデビュー作の原稿用紙です。

青枠とICさんのロゴが見えるように撮影しているので暗くてごめんなさい。

■こちらはデビュー後の原稿。
ICさんです。

■こちらは投稿時代の原稿。
アイシーさんの古いタイプの原稿用紙ですね。

古いタイプはロゴが小さいのでアップにしてみました。

■こちらも投稿時代の漫画、表紙ですね。
ICさんは他にもスクリーントーンも使っていまして、
特にグラデーションと砂目の美しさが好きでした。
グラデと砂目、網目はICさんのトーンしか使わなかったですね。

■こちらはデビュー後、読者のお手紙で漫画の道具について
質問を受けた際に、
ICさんのスクリーントーンを使っていて、こんな感じの柄があるということを
描いて送っていました。
(価格が1枚430円と描いてありますが定価ではなく、当時使っていた販売所の価格です。)

ICさんのスクリーントーンは柄系も綺麗でしたね。
アイシースクリーン ユース、Jトーンも使っていて、
新柄のスクリーントーンが出ると即購入して漫画に使っていました。

私が描いていた当時はトーンが他社でもものすごい量で増えた時で、
ちょうど2000年あたりですね、
ICさんのスクリーントーンの種類が600、700種類になっていた頃です。
私は作業でトーンを貼るのは好きでしたし、
原稿が華やかになるので他の方よりかなり貼っていたと思います。
トーンを購入する量も凄かったのでカタログで選んでFAX注文をしていたのですが、
新しいカタログが送られてくるたびに新柄が出るので
カタログを見るのも楽しかったですよね。

ICさんのスクリーントーンがどういう工程で作られるかという
記事を見たのですけど
作業者の方が、漫画雑誌を7、80冊読んでインプットして、
どんなシーンで使われていたり、表現方法やトレンドをとても熱心に
調べて作っていて感動したのですよね。
漫画をとても研究して作っているから
「こういうのが欲しかった、使いやすい、新しい、好き、綺麗」
と思えるトーンだったんだなと思いました。

漫画制作を応援する情報ALLES「アレス」Web版 vol.36
・アイシースクリーンができるまで

https://www.icscr.jp/wp-content/uploads/2021/09/ALLES_36.pdf

ICさんは50周年を迎えるそうです。
おめでとうございます。
これからも素敵な漫画素材ができるのを楽しみにしています。

漫画画材のブランド IC(アイシー)

https://www.icscr.jp/

50周年記念のキャンペーンやってますよ〜

最新情報をチェックしよう!
>松元美智子クリエイティブブログ💖公式

松元美智子クリエイティブブログ💖公式

11/26 今日は本当によく寝ましたね、気持ちが良いです。 by松元美智子

CTR IMG