CATEGORY

少女マンガの作り方1

  • 2020年10月31日

漫画に季節ごとの企画を使う

本日はハロウィンですが、ちょうど良い話題が書籍の中にあります。ハロウィンは「イベント」「企画」ともいいますが、他には「クリスマス」「正月」などがあります。 少女マンガの読者層は学生が多いので、学校の季節ごとのイベントを恋愛要素に加えると良いです。 なぜ少女漫画で企画ものを使うかは書籍で紹介していますが、雑誌一冊「文化祭」をテーマにした漫画を作家が全員で描いたとしても買われます。それくらい少女マンガ […]

  • 2020年10月30日

ネームは、マンガの画面構成を伝えるもの

ネームは第三者へ見せる目的で作ります。ネームで確認するポイントは下記3点。 ●初めてマンガを読む人でも内容がわかり、見やすい紙面であること●読者がページをめくり、最後まで読み続けてもらうための、 技術を組み込むこと●与えられたページ数に収めること これらのポイントが確認でき、クリアになっていることが重要です。それらが実現できるネーム作りを、この本の中で解説します。 ここから先は書籍のこの項目の補足 […]

  • 2020年10月29日

冒頭のコツ

冒頭のコツですが、「明日私たちは○○をする」とか、「今夜私たちは〇〇になる」などの結果や結論、「今から○○をします」という宣言を最初に持ってくると、読者の興味を湧かせやすいです。 このマンガは〇〇をやるんだと、読者は期待をして読みます。そのシーンが山場で派手にあると、読者のボルテージは上がります。(続きは書籍で) ここから先は書籍には書いていませんが、冒頭は「インパクト」です。新人のうちや投稿時代 […]

  • 2020年10月28日

「ふかん」や「あおり」は漫画の中でどういう時に使っているか

発売中の書籍、「少女マンガの作り方」は普通とはちょっと違った作りなのかなとも思う所ですが、普通のことも書いています。 「ふかん」や「あおり」についてですが、もうみなさん絵が上手いので今更の感じがあると思うので多くは語りませんが、「ふかん」や「あおり」を漫画の中でどんな時に使っているかを書籍の中でも解説しています。 大した話じゃないので簡単にお伝えしますが「ふかん」はコマの中にキャラがたくさんいる時 […]

  • 2020年10月27日

不思議な脳の補完現象

最近「セリフは短く」、「セリフは単語レベル」ということをブログで解説しておりますが、短いセリフに慣れていないと、本当にそんな短い言葉で良いのか、伝わるのか疑問に思う方もいると思います。 漫画は言葉と絵で作られています。 マンガを読むとき、言葉と絵を合わせることによって、本来ならば足りない部分を「これはこういうことね」と脳が自動で補ってくれる現象が起きるのです。(続きは書籍で) 少しだけ書籍内の「脳 […]

  • 2020年10月26日

セリフは単語レベルで良い

マンガは絵と言葉で表現しているので、言葉で全部を説明しなくても良いです。説明っぽいセリフだと、キャラが理屈っぽい、面倒なキャラに見えてしまいます。 かわいい、かっこ良いキャラにしたい場合は、単語や一言でパッと言った方が印象は良いです。(続きは書籍で) 以下は書籍のこのページの解説の補足ですが、上記の下段のコマの中の会話は単語レベルで書くことを知らなかった時の私の描いた原稿です。今なら「比呂はかたづ […]

  • 2020年10月24日

いらないシーン、不要なセリフを排除し必要な要素を追加するとこんな漫画に生まれ変わります。

下記漫画の原稿は漫画の知識がない頃に描いた私の漫画です。 パッと見、漫画の形はしています。ですが、読みたいと思えません。なぜかと言うと、 ・同じ大きさのコマ、人物が並び、見づらい。・セリフの級数が小さすぎて読みづらい。・セリフが何を言ってるかわからない。・無駄な話が多すぎる。・何をしたい、何がしたい、何の漫画か全くわからない。・いろんなキャラが出ているけれど役割がわからない。・このページで語られて […]

  • 2020年10月23日

1ページのコマ数

「少女マンガの作り方」書籍内でも語っていますが、今回は補足を書いておきます。 書籍内でも語っていますが、1ページのコマ数は、「1ページ5〜7コマが望ましいです。」 少女マンガの場合、華やかな画面作りをしないといけません。コマ数が多いと華やかな画面を作ることが不可能になります。あの少女マンガのコマ割りを効果的に使うために、コマ数は1ページ5〜7コマを守らないと難しいです。 コマ数が多いと他にも懸念材 […]

  • 2020年10月22日

1ページのセリフ量の目安とカット方法

「少女マンガの作り方」書籍内で語っていますが、1ページ目に書ける望ましいセリフの量は、原稿用紙(20×20)の半分程度です。実際に作るときは、シナリオのように原稿用紙にセリフのみを書きます。キャラごとに1行ずつ改行して書きましょう。改行をしないで原稿用紙にいっぱいにセリフを書いてしまうと、1ページに納まりません。 文字だらけのマンガは、第一印象で読みたいと思われません。文字の量だけで読みたくないと […]

  • 2020年10月20日

キャラの自己紹介をしたいなら〇〇を使う

前回漫画に描かなくて良い出来事について少し触れましたが、キャラクターの自己紹介もやらないで良いです。「少女マンガの作り方」の書籍内で悪い例でお伝えしていますが、キャラクターの自己紹介の悪いコマとはこういうものです。 以下は書籍では語っていませんが、この自己紹介が漫画の冒頭にあると読む気分になりません。なぜかというと、興味を持てないからです。 それともう一点、文章で語る所も細かく演出を作って欲しいで […]

>松元美智子クリエイティブブログ💖公式

松元美智子クリエイティブブログ💖公式

7/29 生ハムとチーズと季節の野菜サンド、夏らしいパンが続々と出て嬉しい。 by松元美智子

CTR IMG