TAG

漫画の作り方

  • 2021年9月14日

少女マンガの作り方2つのイメージボードなぜ1枚はダメなのか

少女マンガの作り方2つのイメージボードなぜ1枚はダメなのか イメージボードって映画なんかの制作初期頃に作られる文字のないこんな感じの作品という絵の設計図、みたいなものなのですが、3Dやっているのもあって割とイメージボードは利用するのですよね。 少女マンガの作り方でもイメージボードを作っているのですが今回紹介するのは制作途中あたりに描いているものです。文字は書かないのですが作品のイメージを作るのに本 […]

  • 2021年4月20日

キャラ紹介を漫画で作る時に役立つもの

■書籍今注目されている海外の創業者、企業家、政治家などの書籍。Q:なぜ題材にしたかA:わかりやすいから これらの本は当事者の誕生から幼少期、青年期、活動期までが丁寧に書かれています。この辺りの職業の方達はだいたい普通じゃない強烈な素質を1つは持っている事が多く、その強烈な、または他とは明らかに異なる素質が現れた時の小話、いつどこでこんな素質を発揮してどうなったかが書かれています。 この部分が、漫画 […]

  • 2020年11月10日

キャラを次々と出せる舞台設定

漫画に出てくるキャラは一気に登場ができるように、キャラクターは近い関係性の設定にしておきます。全員同じコマ内に既にいるとか、次のコマで出てきてもおかしくないくらい近い関係にします。 全員クラスメイトが良い関係性です。 好きな男の子とは隣の席同士くらい近い方が良いです。隣の席だと漫画のお話になる2人の交流も、挨拶するとか、忘れ物を借りるとか、自然に接する機会が多く作れますし、絵にするときも、並んでい […]

  • 2020年10月24日

いらないシーン、不要なセリフを排除し必要な要素を追加するとこんな漫画に生まれ変わります。

下記漫画の原稿は漫画の知識がない頃に描いた私の漫画です。 パッと見、漫画の形はしています。ですが、読みたいと思えません。なぜかと言うと、 ・同じ大きさのコマ、人物が並び、見づらい。・セリフの級数が小さすぎて読みづらい。・セリフが何を言ってるかわからない。・無駄な話が多すぎる。・何をしたい、何がしたい、何の漫画か全くわからない。・いろんなキャラが出ているけれど役割がわからない。・このページで語られて […]

  • 2020年10月22日

1ページのセリフ量の目安とカット方法

「少女マンガの作り方」書籍内で語っていますが、1ページ目に書ける望ましいセリフの量は、原稿用紙(20×20)の半分程度です。実際に作るときは、シナリオのように原稿用紙にセリフのみを書きます。キャラごとに1行ずつ改行して書きましょう。改行をしないで原稿用紙にいっぱいにセリフを書いてしまうと、1ページに納まりません。 文字だらけのマンガは、第一印象で読みたいと思われません。文字の量だけで読みたくないと […]

>松元美智子クリエイティブブログ💖公式

松元美智子クリエイティブブログ💖公式

9/ 23 休日に好きなタンドリーチキンが食べられる幸せ。 by松元美智子

CTR IMG