過去の話のシーンはキャラごとにカメラの色を変える

過去の話のシーンはキャラごとにカメラの色を変える

昔のキャメラマンの手記を読んでいた際に
出てきた話なのですが驚きましたね。
今現在の話ではない時代の話に移動して表現をする際に
変わった事の違いを出す方法の一つとして
カメラの色を変える事がありますが
キャラごとに変えるまではやったことがなかったので
感心しちゃいましたね。

そこまでやるんだーという
手の掛け方、思考がすごいなと思います。

キャラごとに色を変えると言っても
赤、青、黄みたいにはっきりとした色を変えるのではないく
はっきりとした違いはキャメラマン達にしか
わからないんじゃないかというくらい
全編通して馴染んでいるので
素人目には言われないと気が付かなかった
という感じです。

試す機会があれば実験してみたいなと思いましたね。

こういう言われて初めて気がつくけど
言われてみてみたら気がつく手法って
色々あるんだなーと、本当勉強になりますね。

余談ですけど
漫画の場合の過去の描き方は
わかりやすくて
内枠の周りを黒ベタにして
内枠の絵が入っている全体にトーンを貼る。
大体スクリーントーンの61番あたりが
貼られているんじゃないですかね。

↓ザッとよくあるシュチュエーションのイメージを
描いてますけどこんな感じ
みたことあると思います。

過去の話に入る時に
大体コマの中を横切るラインが2本くらい
描かれています。
こういった時間が巻き戻ったんだなー
という合図が描かれている事は
多いんじゃないかと思います。
現在に戻る出口も同じラインで表現する場合もあれば
違う時もありますね。

別の表現方法は
黒から白に変化する中間が表現できれば
なんでも良いですね。入口も同じですね。
少女マンガは結構表現の幅は広いですね。

枠線が2重になっている過去の表現も
昔の漫画でみた事あります。
ちょっとゴージャスになるので
普通の学園物語よりは
お姫様とか王子様なんかが出てくる系の
ゴージャスな絵の方が合うんじゃないかと
思いますね。

最新情報をチェックしよう!
>松元美智子クリエイティブブログ💖公式

松元美智子クリエイティブブログ💖公式

今日10時間寝てるのに眠い。 by松元美智子

CTR IMG